2011年11月17日木曜日

PostgreSQL を SNMP で監視する

お世話になっております、サイオス 那賀です。

pgsnmpd は、RFC1697 (RDBMS-MIB) に準拠した、PostgreSQL 用の SNMP エージェントです。CentOS 5 にインストールして試してみます。

まずは、ビルドに必要なパッケージをインストールします。

[root@co5v ~]# yum install -y gcc net-snmp-devel zlib-devel openssl-devel libxslt-devel pam-devel libtermcap-devel

ビルドします。Postgres Plus は、以前の記事で入れた通りです。pg_env.sh で pg_config にパスを通しておかないとビルドができませんので注意してください。

[root@co5v ~]# . /opt/PostgresPlus/9.0SS/pg_env.sh
[root@co5v ~]# tar zxvf pgsnmpd-1.0.tgz
(中略)
[root@co5v ~]# cd pgsnmpd-1.0/
[root@co5v pgsnmpd-1.0]# make
(中略)
[root@co5v pgsnmpd-1.0]# 

適当な設定を書いてみます。

[root@co5v pgsnmpd-1.0]# cat test.conf
com2sec readwrite default public
group MyRWGroup v2c readwrite
view all included .1 80
access MyRWGroup "" any noauth exact all all none
agentaddress localhost:10161
[root@co5v pgsnmpd-1.0]# 

実行してみます。

[root@co5v pgsnmpd-1.0]# ./pgsnmpd -c test.conf -C "dbname=postgres host=localhost user=postgres password=edb"
Could not set search path because of some problem with the set query
[init_smux] bind failed: Permission denied
PGSQL-SNMP-Ver1.0 is up and running.

net-snmp-utils を入れて、試しに叩いてみます。

[root@co5v ~]# yum install -y net-snmp-utils
(中略)
[root@co5v ~]# snmpwalk -v 2c -c public localhost:10161 mib-2.39
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.1.1.2.1 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.27645.1
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.1.1.2.11866 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.27645.11866
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.1.1.2.11874 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.27645.11874
(中略)
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.9.1.2.11874.1 = Hex-STRING: 07 DB 0A 1F 0F 1E 27 A8 2B 09 00
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.9.1.2.16393.1 = Hex-STRING: 07 DB 0A 1F 0F 1E 27 A8 2B 09 00
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.9.1.2.16393.1 = No more variables left in this MIB View (It is past the end of the MIB tree)
[root@co5v ~]# snmpwalk -v 2c -c public localhost:10161 mib-2.39.1.2.1.2.1
SNMPv2-SMI::mib-2.39.1.2.1.2.1 = STRING: "PostgreSQL 9.0.2 on x86_64-unknown-linux-gnu, compiled by GCC gcc (GCC) 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-46), 64-bit"
[root@co5v ~]# 

正直申し上げると、RDBMS-MIB による監視に馴染みがないので実用的かどうかは分からないのですが、パスワード認証なしでも状態が取れる点にメリットはあるかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿