2011年12月22日木曜日

sendmail - グリーティング・メッセージでのバージョン情報の隠蔽

サイオス 小川です。デフォルトの状態で telnet で sendmail にアクセスすると下記のように出力されます。

220 [FQDN] ESMTP Sendmail 8.13.7/8.13.7; Fri, 22 Oct 2010 12:04:15 +0900 (JST)

これに関するデフォルトの /etc/mail/sendmail.cf 設定は下記の通りです。

SmtpGreetingMessage=$j Sendmail $v/$Z; $b

この設定を sendmail.mc を使って変更します。次の行を sendmail.mc に追加します。

define(`confSMTP_LOGIN_MSG', `$j unknown; $b')dnl

sendmail.cf を作成し直して、sendmail を再起動します。この時の sendmail.cf は下記の通りです。

SmtpGreetingMessage=$j unknown; $b

telnet で sendmail にアクセスすると下記のようになります。

220 [FQDN] ESMTP unknown; Fri, 22 Oct 2010 14:26:33 +0900 (JST)

0 件のコメント:

コメントを投稿