2011年12月16日金曜日

Trouble Maker を触ってみました

サイオス 鎌田です。

数日前に、Gigazine のニュースに Trouble Maker というツールが紹介されていました。これは、Linux サーバに細工を施し、システムが起動しなくなる等のトラブルをわざと引き起こすツールで、Linux のトラブル解決の練習になるようなものです。というわけで、一つ検証環境を用意して、さっそく動かしてみました。

Trouble Maker
http://trouble-maker.sourceforge.net/

まずはインストール方法から。難しいことはありません。

# rpm -Uvh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
# yum install perl-YAML
# wget http://sourceforge.net/projects/trouble-maker/files/trouble-maker/0.11/trouble-maker-0.11.tgz/download
# cd /
# tar xzvf /path/to/trouble-maker-0.11.tgz

起動してみます。

# /usr/local/trouble-maker/bin/trouble-maker.pl --version=RHEL_5

Trouble-maker version 0.10
Copyright (C) 2004 by Josh More
Trouble-maker comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY
This is free software, and you are welcome to redistribute it under certain conditions.
For details, see the file 'COPYING' included with this distribution.

This program is intended for training purposes only, and will cause system problems.
To proceed, type 'yes'.
(To bypass this step, change the value of the $bypass variable to '1')
>yes
PROBLEM:
The system will not boot

さらっと、システムが起動しなくなると怖いことを言ってきます。実際にここで再起動すると、次のメッセージが出て OS が起動しなくなります。ぜひ、皆さんも検証用の環境を作って動かしてみてはいかがでしょうか。

Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init!

0 件のコメント:

コメントを投稿