2012年2月1日水曜日

RHEL4 系のサポート期間について

おはようございます、こんにちは、こんばんは。サイオステクノロジーの稲垣です。

来る 2012 年 2 月 29 日、以下の Red Hat Enterprise Linux 4 系のサポートが終了します。

Red Hat Enterprise Linux 4 - 30 day End Of Life Notice
https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2012-0073.html
[サポートが終了するプロダクト]
Red Hat Enterprise Linux AS 4
Red Hat Enterprise Linux ES 4
Red Hat Enterprise Linux WS 4
Red Hat Enterprise Linux Extras 4
Red Hat Desktop 4
Red Hat Global File System 4
Red Hat Cluster Suite 4

Red Hat 社では、より新しいバージョンである 5 系や 6 系へのアップデートを推奨しています。

アップデートが難しい場合には、Red Hat Enterprise Linux 4 Extended Lifecycle Support を契約することで、RHEL4 のサポート期間を最大 3 年延長できます。この契約は以下のプロダクトにしか適用することができないので注意が必要です。

[適用できるプロダクト]
Red Hat Enterprise Linux AS 4
Red Hat Enterprise Linux ES 4

しかし、以下の URL 内のパッケージ一覧に載っているものは、Extended Lifecycle Support を適用してもサポート対象外になるので注意してください。

Extended Life Cycle Support - Exclusions
http://www.redhat.com/rhel/server/extended_lifecycle_support/exclusions/
Red Hat Enterprise Linux 4 Extended Lifecycle Support の詳細はこちらから
レッドハット、RHEL 4のサポートを最大3年延長可能なオプション~最大10年間のサポートを提供
Red Hat Enterprise Linux Extended Life Cycle Support (RHEL ELS)延長サポートのご案内

アップデートを行うにしても、Red Hat 4 系を使用している場合は、早めの対応を行いましょう。

以上、稲垣からのお知らせでした。

2 件のコメント:

  1. レッドハット、Red Hat Enterprise Linux 4 Extended Lifecycle Support を提供開始

    のリンク先が404ですよ。

    返信削除
  2. 指摘ありがとうございます。

    どうやらプレスリリースの記事が削除されたみたいなので、リンクを変更しました。

    返信削除