2012年6月18日月曜日

RHEV のアップストリーム、 oVirt 3.1beta を試してみました 第1回

こんにちは、OSSテクノロジーセンターの原です。

以前ご紹介した oVirt 3.0 の最新開発版である 3.1beta が出ていましたので試して見ました。

前回: オープンソース仮想化管理ソリューション oVirt 3.0 を使ってみました

oVirt は Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV) のアップストリームとなっており、これに取り込まれた機能たちは次の RHEV で取り込まれる可能性があります。

というわけで早速新規インストールで試してみます。

なお、以下の情報を参考に構築しました。

途中までは 3.0 の時とほぼ同じ構築手順です。
  1. Fedora 17 x86_64 を minimal インストールします
  2. ネットワークの設定を行います
  3. # systemctl stop NetworkManager.service
    # systemctl disable NetworkManager.service
    # service network start
    # chkconfig network on
    
  4. システムアップデートを行います
  5. # yum clean all; yum update -y
    # reboot (必要に応じて)
    
  6. oVirt リポジトリを追加します
  7. # vi /etc/yum.repos.d/ovirt-engine-beta.repo
    
    [ovirt-beta]
    name=ovirt-beta
    baseurl=http://ovirt.org/releases/beta/fedora/17
    enabled=1
    skip_if_unavailable=1
    gpgcheck=0
    
  8. oVirt Engine をインストールします
  9. # yum install -y ovirt-engine
    
  10. setup スクリプトを実行します
  11. # export LANG=en_US.UTF-8
    # engine-setup
    
    # engine-setup
    Welcome to oVirt Engine setup utility
    HTTP Port  [80] :
    HTTPS Port  [443] :
    Host fully qualified domain name, note that this name should be fully resolvable  [ovirt31b.example.com] :
    ovirt31b.example.com did not resolve into an IP address
    Password for Administrator (admin@internal) :
    Confirm password :
    Organization Name for the Certificate: SIOS
    The default storage type you will be using  ['NFS'| 'FC'| 'ISCSI']  [NFS] : NFS
    Enter DB type for installation ['remote'| 'local']  [local] :
    Local database password :
    Confirm password :
    Should the installer configure NFS share on this server to be used as an ISO Domain? ['yes'| 'no']  [yes] : yes
    Local ISO domain path: /data/iso
    Display name for the ISO Domain: iso
    Firewall ports need to be opened.
    You can let the installer configure iptables automatically overriding the current configuration. The old configuration will be backed up.
    Alternately you can configure the firewall later using an example iptables file found under /usr/share/ovirt-engine/conf/iptables.example
    Configure iptables ? ['yes'| 'no']: yes
    
    oVirt Engine will be installed using the following configuration:
    =================================================================
    http-port:                     80
    https-port:                    443
    host-fqdn:                     ovirt31b.example.com
    auth-pass:                     ********
    org-name:                      SIOS
    default-dc-type:               NFS
    db-remote-install:             local
    db-local-pass:                 ********
    nfs-mp:                        /data/iso
    iso-domain-name:               iso
    config-nfs:                    yes
    override-iptables:             yes
    Proceed with the configuration listed above? (yes|no):yes
    ~ 以下略 ~
    

若干 3.0 の時と変わりましたね。

例えば、3.0 ではデータベースは有無を言わさずローカルに作成されましたが、今回からリモートの PostgreSQL も簡単に使えるようになっているようです。

他にもデフォルトの Listen Port も 8080/8443 からより一般的な 80/443 に変更になりました。

また、ここには表示されませんが、3.0 のときは NFS は 3系のみでしたが、4系が使えるようになりました。

細かいところで色々バージョンアップされていますね。


今回はここまです。

次回は GlusterFS 対応も含め、より機能が増えた oVirt の管理画面を見ていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿