2012年11月29日木曜日

JBossコマンドラインインタフェースのモード

こんにちは、JBossテクニカルチームの寺田です。 今回は前回に引き続き、JBossコマンドラインインタフェースのモード について紹介していきます。

◆コマンドラインインタフェースのモード

コマンドラインインタフェースのモードには次の4つがあります 最初のインタラクティブモードは、通常の対話型のモードなので 今回の説明からは省略し、他の3つのモードについて紹介します
  • インタラクティブモード
  • バッチモード
  • NONインタラクティブモード
  • GUIモード

◆バッチモード

バッチモードにする
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS] batch
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #]
データソースをenableにするバッチを登録

[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #](長いので表示のため改行)
/subsystem=datasources/data-source="java\:\jboss\/datasource\/PostgreDS":enable
#1 /subsystem=datasources/data-source=java:jboss/datasource/PostgreDS:\jboss\/da
tasource\/PostgreDS":enable

[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #] run-batch
バッチをリストアップします
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #] list-batch
#1 /subsystem=datasources/data-source=java:jboss/datasource/PostgreDS:jboss\/dat
asource\/PostgreDS":enable
バッチの行を削除します
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #] remove-batch-line 1
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #] remove-batch-line 2
バッチを実行します。
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #] run-batch
The batch executed successfully.
データソースを無効にするコマンドを実行しましたので、変更されているかどうか確認します。
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS] pwd
/subsystem=datasources/data-source=PostgreDS
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS] ls
・・・・
enabled=false
・・・・
登録したバッチをクリアします
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #] clear-batch
[standalone@localhost:9999 data-source=PostgreDS #]

◆NONインタラクティブモード

NONインタラクティブモードでの実行の仕方はコマンドの与え方により、 次の2通りあります。
  • コマンドを記載した別ファイルをパラメータとして与える
  • パラメータに直接コマンドを記載する

◆コマンドを記載した別ファイルをパラメータとして与える

test.cliというコマンドファイルを用意します。 中には対話モードで使った基本コマンドを記載します
connect
ls
[EOF]
以下のようにコマンドファイルを引数として与え、ファイルの中の コマンドを実行します。
C:\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap\bin>jboss-cli.bat --file=test.cli
core-service
deployment
extension
interface
path
socket-binding-group
subsystem
system-property
launch-type=STANDALONE
management-major-version=1
management-minor-version=2
name=*********
namespaces=[]
process-type=Server
product-name=EAP
product-version=6.0.0.GA
profile-name=undefined
release-codename=Steropes
release-version=7.1.2.Final-redhat-1
running-mode=NORMAL
schema-locations=[]
server-state=running

◆パラメータに直接コマンドを記載する

以下のように--commandの引数としてコマンドをカンマ区切りで記載すると順に実行されます カンマ区切りで記載しても良いのは、--commandsの引数として与えるときだけです。
C:\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap\bin>jboss-cli.bat -c --commands="cd subsystem=web,ls"
configuration
connector
virtual-server
default-virtual-server=default-host
instance-id=undefined
native=false

◆NONインタラクティブモードで行うと便利なもの

サーバの停止
$JBOSS_HOME/bin/jboss-cli.sh -c --command=":shutdown"
デプロイ
$JBOSS_HOME/bin/jboss-cli.sh -c --command="deploy postgresql-8.4-703.jdbc4.jar"
アンデプロイ
$JBOSS_HOME/bin/jboss-cli.sh -c --command="undeploy postgresql-8.4-703.jdbc4.jar"
コネクションプールの状態取得
$JBOSS_HOME/bin/jboss-cli.sh -c --command="connect,/subsyst
em=datasources/data-source=PostgreDS/statistics=pool:read-resource(include-runti
me=true)"

◆GUIモード

GUIモードはコマンドで以下のようにすると起動します
C:\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap\bin>jboss-cli.bat --gui
起動するとGUI画面が立ち上がります
GUI画面で属性を変更します
属性を選択し右クリックすると、コマンドが表示ます。コマンドを選択し[Enter]キーを押下すると、結果が表示されます。
表示される結果は、コマンドラインと同じです。同じ結果が表示されるのに、簡単なGUI操作でコマンドの入力ができるので、NONインタラクティブモードのコマンド作成をGUIモードで行うと楽です。
以上で、「バッチモード」「NONインタラクティブモード」「GUIモード」のご紹介をさせていただきました。
今回は以上で終了です。
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿