2012年11月20日火曜日

webmin ~リモートでサーバ管理~ 管理項目編

お久しぶりです。稲垣です。

前回の記事では、webmin のインストールから最低限行うべき設定変更までご紹介しました。

まだ読んでいない方は、webmin ~リモートでサーバ管理~ インストール編 をまずは読んでみてください。

それでは、前回 https で接続するように設定変更したので、https://[ホスト名 または IP アドレス]:10000/ にアクセスします。

表示されたトップページの左側のメニューに管理可能な項目があります。

全ての管理項目についてご紹介することはできないので、いくつかピックアップしてご紹介いたします。

  • 設定ファイルのバックアップ

    まずは、Webmin カテゴリにある 設定ファイルのバックアップ をご紹介します。

    ここでは Apache や NFS、ネットワークなど様々な設定ファイルのバックアップを行うことができます。

    バックアップファイルは自身のローカルはもちろん、FTP や SSH を利用して他のサーバへのバックアップや、Webmin UI を使用しているブラウザの PC にも行うことができます。

    また、スケジュールされたバックアップタブでバックアップの自動取得を行うことも可能で、リストアタブでバックアップからの復元もこの UI から行うことができます。

  • Software Package Updates

    次に、システムカテゴリにある Software Package Updates についてご紹介します。

    パッケージのアップデートには本来 yum コマンドや GUI から操作を行う必要がありますが、この Webmin の画面からでも行うことができます。

    この画像だとパッケージが 5 項目しか表示されていませんが、この下にたくさん表示されています。

    また、パッケージの表示方法も Installed、Only updates、Only new の 3 つから選択することができます。

    そして、これが Software Package Updates 画面の最下段となります。

    ここでは、アップデートを開始するボタンの他に、アップデートパッケージのチェックを行うオプションを選択できます。

    Check for updates on schedule? 項目を設定することで、アップデートパッケージがリリースされたかを時間、日、週単位でチェックすることができます。

  • ファイルマネージャ

    次に、その他カテゴリにある ファイルマネージャ をご紹介します。

    これは、ブラウザサイドの Java 機能でサーバ側のファイルの管理を行う機能です。

    ブラウザ上からファイルの新規作成や編集、削除はもちろん、ダウンロードやアップロードまで行うことができます。また、ファイルの解凍や検索なども行うことが出来るため、非常に簡単に管理することができます。

  • NFS エクスポート

    次に、ネットワークカテゴリにある NFS エクスポート をご紹介します。

    NFS エクスポート用に /data というディレクトリを作成しているので、中身を確認します。

    # ls /data
    webmin-1.600-1.noarch.rpm  webmin-1.600.tar.gz
    

    Webmin の NFS エクスポート画面より 新規のエクスポートを追加 をクリックすると、以下の画面が表示されます。

    エクスポートするディレクトリ に エクスポートするディレクトリ(今回の場合は /data) を指定します。
    その他の設定項目は、それぞれの環境にあわせて選択してください。

    設定が完了したら、作成 を押します。

    設定が完了すると、以下の画像のように /data 行が追加されています。

    最後に 変更を適用 をクリックすることで NFS デーモンが再起動します。

    そして別サーバで NFS マウントし、中身を確認します。

    # mount -t nfs [Webmin サーバの IP またはホスト名]:/data /mnt
    
    # ls /mnt/
    webmin-1.600-1.noarch.rpm  webmin-1.600.tar.gz
    

そのほかにも、Apache を構築できたり、本当にさまざまな項目をブラウザ上から操作、管理することができます。

なお、Un-used Modules カテゴリにある項目でも、パッケージをインストールすれば webmin から管理することができます。

皆さんもぜひインストールしてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿