2013年7月3日水曜日

oVirt Engine を CentOS や Scientific Linux で構築する。

こんにちは、OSSテクノロジーセンターの原です。

以前ご紹介した Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV) のアップストリームである oVirt ですが、最新版である 3.2 のリリースノートを読んでいたところ、面白いことを発見しました。

oVirt 3.2 release notes

oVirt Engine changes:

Fixed bug blocking firewalld configuration when selinux was in enforcing mode
Small change in All-In-One
Minor patches at rest-api
Also included in the oVirt Engine update are patches to enable EL6 builds.

oVirt engine を構築する場合、いままではプラットフォームとして Fedora を利用しましたが、el6 系でビルドするためのパッチが入ったようです。

と言うわけで el6 系で oVirt を利用すべく、早速構築を試してみました。今回は el6 系ということで Scientific Linux 6.4 (x86_64) を利用しました。

基本的には oVirt 公式サイトの Quick Start Guide を参考に進めれば問題ありませんでした。

また、必要に応じて RHEV のドキュメントも非常に有用な情報源となります。

Quick Start Guide
http://www.ovirt.org/Quick_Start_Guide#Install_oVirt_Engine

Red Hat Enterprise Virtualization - Red Hat Customer Portal
https://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Virtualization/?locale=ja-JP

[root@ovirt32el6 ~]# lsb_release -a
LSB Version: :base-4.0-amd64:base-4.0-noarch:core-4.0-amd64:core-4.0-noarch
Distributor ID: Scientific
Description: Scientific Linux release 6.4 (Carbon)
Release: 6.4
Codename: Carbon

まずは念のためインストール済みのパッケージをアップデートしておきます。(必要に応じて reboot も行う。)

[root@ovirt32el6 ~]# yum -y update

ovirt の el6 用のリポジトリと、依存関係解決のために epel のリポジトリも登録しておきます。

[root@ovirt32el6 ~]# yum -y install http://ovirt.org/releases/ovirt-release-el.noarch.rpm
[root@ovirt32el6 ~]# yum -y install http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

ovirt-release-el パッケージで提供されている .repo にちょっとした罠が含まれているので、これを修正します。

[root@ovirt32el6 ~]# vim /etc/yum.repos.d/el6-ovirt.repo
baseurl=http://resources.ovirt.org/releases/stable/rpm/EL/$releaserver
の行を以下に変更。
baseurl=http://resources.ovirt.org/releases/stable/rpm/EL/6/

※実際の el6 用 oVirt engine のリポジトリの URL は /releases/stable/rpm/EL/6/ なのですが、CentOS や Scientific で $releaserver を指定すると、マイナーバージョンまで入ってしまうため、404 が返ってきてしまいます。

ovirt-engine をインストールします。

[root@ovirt32el6 ~]# yum -y install ovirt-engine

用意が揃ったら、engine-setup を実行します。

[root@ovirt32el6 ~]# engine-setup 
Welcome to oVirt Engine setup utility
oVirt Engine uses httpd to proxy requests to the application server.
It looks like the httpd installed locally is being actively used.
The installer can override current configuration .
Alternatively you can use JBoss directly (on ports higher than 1024)
Do you wish to override current httpd configuration and restart the service? ['yes'| 'no']  [yes] : yes
HTTP Port  [80] : 
HTTPS Port  [443] : 
Host fully qualified domain name. Note: this name should be fully resolvable  [ovirt32el6.labs.sios.com] : 
Enter a password for an internal oVirt Engine administrator user (admin@internal) :
Warning: Weak Password.
Confirm password :
Organization Name for the Certificate  [labs.sios.com] : 
The engine can be configured to present the UI in three different application modes. virt [Manage virtualization only], gluster [Manage gluster storage only], and both [Manage virtualization as well as gluster storage] ['virt'| 'gluster'| 'both']  [both] : 
The default storage type you will be using  ['NFS'| 'FC'| 'ISCSI'| 'POSIXFS']  [NFS] : 
Enter DB type for installation ['remote'| 'local']  [local] : 
Enter a password for a local oVirt Engine DB admin user (engine) :
Confirm password :
Configure NFS share on this server to be used as an ISO Domain? ['yes'| 'no']  [yes] : 
Local ISO domain path  [/var/lib/exports/iso] : 
Firewall ports need to be opened.
The installer can configure firewall automatically overriding the current configuration. The old configuration will be backed up.
Alternately you can configure the firewall later using an example file. 
Which firewall do you wish to configure? ['None'| 'IPTables']: IPTables

oVirt Engine will be installed using the following configuration:
=================================================================
override-httpd-config:         yes
http-port:                     80
https-port:                    443
host-fqdn:                     ovirt32el6.labs.sios.com
auth-pass:                     ********
org-name:                      labs.sios.com
application-mode:              both
default-dc-type:               NFS
db-remote-install:             local
db-local-pass:                 ********
nfs-mp:                        /var/lib/exports/iso
config-nfs:                    yes
override-firewall:             IPTables
Proceed with the configuration listed above? (yes|no): yes

以下の箇所、oVirt3.2 は GlusterFS 3.4(執筆当時は 3.4beta4) との統合が果たされているので、GlusterFS の管理 UI を含められるのが特徴的ですね。

The engine can be configured to present the UI in three different application modes. virt [Manage virtualization only], gluster [Manage gluster storage only], and both [Manage virtualization as well as gluster storage] ['virt'| 'gluster'| 'both']  [both] : 

setup が終わったら、ブラウザからアクセスしてみましょう。

問題なく利用できるようですね。

日本語設定も選べるのですが、残念ながら RHEV と違って選択しても日本語化されませんでした。

製品版とアップストリームの違いですね。

「About」をクリックすると、oVirt engine が el6 で稼働していることがわかります。

いかがでしょうか。以前は oVirt engine は Fedora でしか試すことが出来ず、本格的な検証はなかなか実施できなかった方もいるのではないかと思います。

これからは CentOS や Scientific Linux で構築出来るようなり検証や評価、自宅環境用への導入・運用も捗ることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿