2014年12月3日水曜日

NGINX Plus r5 リリース

SIOS "OSSよろず"ブログ出張所は、新たにオープンしました「サイオス OSSポータルサイト」に移管されます。最新の情報はこちらをご確認ください。

こんにちは、村田です。
本日は日本時間で12月2日の20時に情報が届きました NGINX Plus の最新バージョンの速報をお送りします。

2014年12月2日(米国時間)にNGINX Plusの最新バージョンの r5 がリリースされました。 今回のアップデートの目玉は TCP load balancing 機能の追加になります。 これまでは HTTP コネクションのロードバランシング機能のみでしたが、今後は TCP コネクションのロードバランシングが出来るようになることで、NGINX Plus をロードバランサーとして利用するシーンが増えるのではないでしょうか。

下記に NGINX Plus r5 に含まれるいくつかの機能の概要をご紹介します。

TCP Load Balancing

TCP Load Balancing は "stream" モジュールの追加機能となります。HTTP プロトコルに加え TCP プロトコルのロードバランシング機能が提供されることで、NGINX Plus のロードバランサーとしての幅広い利用が可能になります。

例えば既存のメールプロキシと組み合わせて、SMTP, POP3, IMAPなどのメール関連のプロトコルをNGINX Plusで管理することができます。

詳細は下記のURLに記載がございます。(英語)
http://nginx.com/blog/tcp-load-balancing-in-nginx-plus-r5/

ロードバランシング機能における、ユーザーセッション制御機能の追加

サーバーの運用時にはサーバーのアップグレードやメンテナンスのために停止しなければならないケースが出てきます。 NGINX Plus r5 に追加された ‘draining’ 機能を利用することで、ダウンさせたノードには新たなコネクションは送信せず、既存のセッションについては、そのノードで確立されたセッションを完了するまでは維持する機能となります。

対応プラットフォームの追加

NGINX Plus r5 では、10月29日にリリースされたばかりの SUSE Linux Enterprise Server 12 にも対応済です。

  • SUSE Linux Enterprise Server 12
  • Ubuntu 14.10
  • ARMv8 (aarch64) on Ubuntu 14.04

その他の追加機能

この他にもNGINX Plus r5 では下記の機能追加が行われています。

  • Improved Control of Traffic if a Node Fails
  • HTTP Vary Header is Supported for Cached Content
  • Improved Support for Serving Byte-Ranges from Cache
  • More Control over Upstream Bandwidth

NGINX Plus r5 の詳細については、下記のURLにてリリース情報が公開されております。
http://nginx.com/blog/nginx-plus-r5-released/

0 件のコメント:

コメントを投稿